認証工場取得申請ガイド > 貨物運送事業

'貨物運送事業'タグ

認証書

カテゴリー:

今日は、審査が無事に完了した自動車分解整備事業の認証申請に関連して認証書の交付を

受けてきました。

今回のお客様は、一般貨物自動車運送事業をされていて、主に自社車両の点検の実施を

行う予定です。

一定数以上の車両を保有している運送事業者さんは、自社で自動車分解整備事業の認証を

受けるのは大きなメリットがあります。

点検・整備を内製化することでコスト削減ができることはもちろん、車両のやりくりも自社で

主導することができることから効率も良くなると思います。

今回の自動車分解整備事業の認証取得で売上などを獲得できるわけではありませんが、

貨物運送業の効率化に役立てていただきたいと思います。

自動車整備業

カテゴリー:

今日は、ご依頼をいただき、申請中の自動車分解整備事業認証の検査がありました。

今回のお客様は、一般貨物自動車運送業を営んでおられる会社様で、自社の運送車両の点検を

メインに自動車整備事業をされる予定です。

保有する貨物車両の台数も多く、外注するとコストや点検中の車両の代わりになる車両の

やりくりなどがハードルとなっていたため、今回の自動車分解整備事業認証申請の取り組みとなりました。

無事に検査が完了しました。

このあと本格的な審査を経て、自動車分解整備事業の認証となる見込みです。

引き続きしっかりとご支援して参ります。

 

整備事業認証

カテゴリー:

今日は、日頃からお世話になっている貨物運送業の会社さんにお邪魔しました。

自社トラックの点検や車検を内製化したいとのご要望で相談をいただきました。

すでにオイル交換や修理・板金などの軽整備を実施しているスペースがあるため採寸して、整備事業の認証の可能性を探りました。

現状の状態では、工場面積が足りない状態ですが、現状の整備スペースを拡張できれば、規格に合致することができます。

拡張するスペースは、あるので、あとは社長の意思決定ということになります。

簡単なレイアウト図を作成して、拡張する場合の参考にしていただこうと思います。

 

お問い合わせ・お申し込みはコチラから
認証工場ブログ

カテゴリー

2022年8月3日

認証工場申請の調査

2022年8月1日

エーミング

2022年7月26日

整備工場

2022年7月19日

整備工場

2022年7月8日

現地調査

全国の意欲溢れる行政書士さん募集!!
行政書士プロフィール

<日本全国対応可能です>

【北海道・東北】
北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島
【関東】
茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川
【中部】
新潟,富山,石川,福井,山梨,長野,岐阜,静岡,愛知
【近畿】
三重,滋賀,京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山
【中国】
鳥取,島根,岡山,広島,山口
【四国】
徳島,香川,愛媛,高知
【九州・沖縄】
福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄

▲ページの先頭へ